第6回 平野区障害者福祉勉強会

テーマ : ハートステッカー事業について
日  時 : 平成25年1月25日(金)、18:30〜20:30
会  場 : 社会福祉法人 藍 平野西事業所
住  所 : 大阪市平野区平野西1-10-14

MEMO
今回はNPO法人Klala(クララ)弦川さん・山田さんに講師をお願いして、ハートステッカー事業についての勉強会を開催いたしました。
勉強会では、ハートステッカー事業の説明に先立ち、平野区役所保健福祉課の岸本さんより、和っしょい!ひらの事務局紹介と和っしょい!ひらの推進事業について説明がありました。
平野区では、すでに作成されていた「平野区未来わがまちビジョン」と「平野区地域福祉アクション」をより効果的に推進していくため、平成18年度から「和っしょい!ひらの」を立ち上げ、さまざまな活動が進められています。
住民・社会福祉協議会・行政(区役所等)・施設・学校・企業・団体など、平野区に関わる人々が、それぞれの持つ役割・力・知恵を出し合い、地域全体、区全体で“元気な平野区”を目指して一緒に取り組んでいくのが「和っしょい!ひらの」です。
和っしょい!ひらのでは、「ひとがあたたまるまちづくり」〜町中にハートステッカーの花を咲かせよう〜事業(ハートステッカー事業)を取り組んでおり、弦川さんはその事業の中心人物として活躍されています。
ハートステッカー事業では、発達障がいや精神障がい・知的障がいなどの目に見えない障がいに対する「メンタルバリアフリー」を目指し、平野区中の店舗に協力を求めるための学習会をひらき、参加された店舗にはステッカーを店頭に貼ってもらうよう働きかけています。
今回はその学習会の内容をDVD、ガイドブック、パワーポイントによる絵本の読み聞かせにより講演していただけました。また、ハートステッカー事業の学習に加え、発達障がい(特に自閉症)の児童について、発達障がいの特徴とその特徴を理解した上での支援の方法(視覚化・構造化)をご説明いただくとともに、発達障がいでありながらも家族とともにさまざまな困難を乗り越え、社会で自立されている方の実例も紹介していただき、大変意義のある勉強会となりました。

参加事業所(順不同・敬称略)
・社会福祉法人永寿福祉会 永寿の里かけはし
・NPO法人オリーブひらの/ヘルパーステーションピア・オリーブ
・ヘルパーステーションエアリー
・介護サービスハッピークローバー平野事業所
・あいラブ平野ケアセンター
・訪問介護ステーションさちの家
・オレンジケアサービス
・自立支援センターさんぽみち
・クサベ在宅サービス訪問看護ステーション
・有限会社ひらの
・他、地域からの一般参加者
(今回は、このHPをご覧になられた方からの一般参加もありました。ありがとうございました!!)


平野区障害者福祉勉強会とは

今、多くの障害者やその家族は適切な支援を求めてさまよっています。そのような障害者を支える支援が地域で育っていくには、支援者同士の横のつながりが重要です。支援者同士が経験を共有し、知識を一層深めていけるように、そして障害者にとってより良い支援が展開できるようにとの思いからこの勉強会は発足しました。 →詳しくはこちら


勉強会事務局

●吉村明夫(社会福祉法人永寿福祉会 永寿の里かけはし)

●森本克子(NPO法人オリーブひらの)

●保田眞規生(有限会社ひらの)

参加希望の方はこちらまで

平野区障害者福祉勉強会 事務局
参加希望の方は以下の情報を添えてメールにてご連絡下さい。
・勉強会テーマ
・事業所名および担当者名
・参加人数
・連絡先
メールはこちらへ