平野区障害者福祉勉強会

第19回 平野区障害者福祉勉強会

テーマ : 「精神障がい者への訪問看護ステーションの関わりについて」
日  時 : 平成27年3月27日(金)、18:30〜20:30
会  場 : 平野区役所 3F 303・304会議室(TEL:06-4302-9986)
住  所 : 大阪市平野区背戸口3-8-19
講  師 : 進あすか氏(訪問看護ステーションみのり所長)
       小瀬古伸幸氏(同法人東住吉サテライト責任者)
出 席 者 : 28名

MEMO
 「訪問看護ステーションみのり」は「地域で暮らしている精神障がいを持っておられる人を応援したい」という思いから、 精神科病院などでの経験を積まれ、日本精神科看護技術協会認定の「精神科認定看護師」を取得されたのち、 平成24年3月1日に門真市末広町にて開設された訪問看護ステーションです。
 大阪市においては昨年8月に東住吉営業所をオープンされており、今回は訪問看護ステーションみのりにおける精神障がい者への関わりについてお話いただきました。
 精神機能と苦しみの構造・訪問看護の実践・WRAPについて・専門性について・計画、記録は共有するためのツール・訪問看護の実践についてお話しいただき、 当事者の生きづらさをどのように受け止めていくかという点について、支援者の価値観を押し付けないことの重要性を再認識する機会となりました。
 講義の後では、参加者から普段の支援における困りごとなど具体的な事例を出していただき講師にお答えいただくなど、 看護と介護の双方向の意見交換にもなり大変有意義な勉強会となりました。

ご講演の様子





平野区障害者福祉勉強会とは

今、多くの障害者やその家族は適切な支援を求めてさまよっています。そのような障害者を支える支援が地域で育っていくには、支援者同士の横のつながりが重要です。支援者同士が経験を共有し、知識を一層深めていけるように、そして障害者にとってより良い支援が展開できるようにとの思いからこの勉強会は発足しました。 →詳しくはこちら


勉強会事務局

●吉村明夫(社会福祉法人永寿福祉会 永寿の里かけはし)

●森本克子(NPO法人オリーブひらの)

●矢野哲規(自立支援センターさんぽみち)

●保田眞規生(有限会社ひらの)

参加希望の方はこちらまで

平野区障害者福祉勉強会 事務局
参加希望の方は以下の情報を添えてメールにてご連絡下さい。
・勉強会テーマ
・事業所名および担当者名
・参加人数
・連絡先
メールはこちらへ